寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!?

 

寝つきをよくして
ダイエット効果を
上げるには温度が重要!?
というお話です。

 

快適な温度で
寝ることによって
睡眠の質を
あげることができます。


寝付きをよくする室内の温度と湿度について

夏は、27〜28℃
冬は、18℃〜20℃
布団内の温度は、夏冬問わず、33℃程度
湿度は、50%〜60%

 

深い眠りを誘うための過ごし方

夕食

できれば、汗をかきながら食べる

 

半身浴

夕食後、就寝前1〜2時間前に
入浴する。身体の芯から温まること。

 

軽くストレッチをする

血の巡りをよくして
身体をほぐす。

 

就寝

夕食後から3時間ほどたった
タイミングで寝るようにする。

 

ぐっすり睡眠

体から熱を放出しつつ
ぐっすり寝ることができる。

寝つきをよくするコツ

寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!?

 

手足を温めて、頭の温度をさげることで
寝つきがとっても良くなります。

 

頭の温度=脳内の温度で
身体の深部の温度ですね。

 

手足を温めて、そこから放出するようにすることで
身体の深部の温度も下げることが出来るというものです。

 

室内の温度に関しては
上記に示した通りですね。

 

夏は、下げすぎず
冬は、上げすぎないことを意識していれば
睡眠に関しては最適化されます。

 

そして、重要なのが寝る前の運動です。

 

身体を温めておけば、
皮膚表面の血管が開き、
熱放散が行われやすくなります。

 

そうすることで、身体の深部も
温度が下がりやすい状態になるので、
寝つきがよくなるのです。

 

ちなみに、寝る前に過激な運動をすると
深部の温度を上げすぎて
逆に寝つきが悪くなるので気をつけてくださいね。

 

以上が、寝付きをよくして
ダイエット効果を最大限あげる方法でした。

↓もしよろしければ、応援クリックをよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ

 

 

アナタにおすすめのダイエットサプリ一覧

寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!? >>このタイプの詳細はコチラをクリック 寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!? >>このタイプの詳細はコチラをクリック
寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!? >>このタイプの詳細はコチラをクリック 寝つきをよくしてダイエット効果を上げるには温度が重要!? >>このタイプの詳細はコチラをクリック

アナタにおすすめの酵素ドリンクが分かる診断

寝るだけ,睡眠,ダイエット

ちょっとした、○×診断で、アナタにおすすめの酵素ドリンクがわかる診断テストを用意しました。面白いので興味のある人は、○×診断をやってみてください。