お昼は糖質の多い食事をとらないこと

 

お昼食べるもので、
基本的に、塩分を控えたものを
食べましょうと言ってきましたけど、

 

糖質もカットするに越したことは
ありません、お昼ご飯で
ダイエット効果をあげるために
このあたりについてお話しますね。


糖質をカットした食事を意識するために

麺+ごはん、麺+パスタの組み合わせは禁止

そば+丼ものセット
パスタ+パンの組み合わせ

このような主食同士の組み合わせで
お昼を食べている人は要注意です。

 

この主食系は、糖質を多く摂取することになり
急激に血糖値をあげてしまう原因にもなります。

 

これによって、体内に脂肪が蓄積されやすくなり
肥満の原因にもつながってしまうのです。
主食をメインに食べるということは糖質を多く
摂取することになるので注意しましょうね。

 

菓子パンやケーキを食事がわりにしない!

昼は糖質抜きを意識した食事をするとダイエットに最適!

 

菓子パンやケーキを昼食代わりに
食べるのはNGです。高カロリーになるので
太る可能性が高くなります。

 

しかも、脂質量が多く
身体に必要な栄養素が含まれていないので
これを昼食で取り続けると太るだけでなく…

 

疲れやすくなる
風邪をひきやすくなる
ストレスを溜めやすくなる

 

ちなみにですが、昼食で野菜など
身体の代謝にいいものをしっかり食べた上で
おやつに少し、菓子パンを食べるというスタイルの方がまだいいです。

 

菓子パンだけを主食にすることで
新陳代謝が悪くなるので、食べたいならば
昼は、野菜系などきちんとしたものを食べた上で食べるということを
忘れないようにしておきましょう。

 

>>食べる順番でダイエットになる!

 

あわせてこちらを読むと
ダイエット効果が期待できますので
あわせて実践してもらえたら嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございました。o(^▽^)o
今日もダイエット記事を書くの頑張っちゃいました♪

 

>>面白いダイエット体験談はこちらをクリック

 

1人でも多くの方にこの記事を読んでもらえると
マーヤの良い記事を書くモチベーションアップにもつながりますので、
SNSなどで、ボタンをポチっとおして応援してもらえると嬉しいです!

 

私自身も、アナタの応援でダイエットを今日も頑張ることができています♪
本当に感謝です♪