食べる順番で太る体質にも痩せ体質にもなる?

食べる順番でダイエット効果が期待できる!

 

お腹がすいてご飯を食べる人がほとんどだと思いますが
空腹時は、血糖値が低くなっています。

 

この血糖値が低くなった時に
いきなり、ごはん、パンといった炭水化物から摂取すると
一気に血糖値が上昇して、膵臓からインスリンというものが多量に出ます。

 

このインスリンは、脂肪を蓄える働きがあるので
まずは、炭水化物から摂取している食生活だと
自然に肥満体型になるということです。
こうならないためには、食べる順番を気をつける必要があります。

食べる順番ダイエットの具体的な方法

食事前に「お茶」と「水」を飲むところから

食べる順番でダイエット効果が期待できる!
まずは、お茶を飲んで落ち着くことからスタートしてください。
空腹感も和らぎますし、
早食いの防止にもなります。

 

お茶、水以外でもいいの?と疑問に持つ人もいるかもしれませんが
可能な限り、お茶か水の方が無難です。

 

野菜から食べ始めましょう

食べる順番でダイエット効果が期待できる!
食事をとるときは、野菜から食べ始めましょう。
野菜に含まれる食物繊維が
血糖値の上昇を抑える働きもあります。

 

わかめ、海藻類、きのこ類とかでも
食物繊維が含まれるので、
これから食べ始めることでも大丈夫です。

 

また、野菜から食べることによって
ある程度の満足感を得ることができるので
食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

 

野菜⇒主菜⇒ご飯の流れで食べましょう

食べる順番でダイエット効果が期待できる!
食物繊維が豊富な野菜をある程度食べたら
肉や魚料理⇒ごはんの流れで食べることが理想です。

 

理想ですけど、きっちりこの順番で食べたら
後に食べるおかずが覚めてしまいますので、
ある程度、野菜を食べたらあとは、ストレスが溜まらない範囲で

 

「野菜⇒主菜⇒ごはん」を意識しつつ
自由に食事を楽しむくらいの気持ちでいて大丈夫です。

 

このタイミングになったらある程度、
自由に食べて大丈夫なんですが、
ドカ食いや早食いにはならないようにしてくださいね。

 

よく噛んでゆっくり食べることでも
満腹中枢が刺激されて食べ過ぎ防止にもなりますし
少量でも満足感が得られるようになります。

 

食事前に「お茶」と「水」を飲む
まずは、野菜から食べる
野菜⇒主菜⇒ごはんを意識して食べる

 

この順番を意識するだけで、太らない
痩せ体質になるダイエット効果も期待できますし
簡単なことですので、やっていなかった人は
今日から意識してやってみましょう。